50万溶かして気づいたFXは稼げない5つの真実

  • 2018年3月15日
  • 2019年4月16日
  • FX
  • 1413view
FX

FXを始めたけど稼げない!

そんな方は多いのではないでしょうか?

実はFXそのものが稼ぐことが非常に困難な構造をしているのです。

今回の記事では実際にお金を溶かした私の経験もご紹介しながら、なぜFXで稼げないのかその真実をお伝えします。

僕がFXで50万円以上溶かすまでの歴史

大学2年の時にFXをスタート

僕がFXにハマったのは大学2年生の時です。

僕は奨学金5万円とバイト代のみで家賃、水光熱費、食費、スマホ代など全てを支払っていたため、いつもお金のことで頭を悩ませていました。

当時、バイトもたくさんしていたので普通の大学生よりはバイト代が高かったと思います。

しかし、バイトではやはり稼げる額が決まってきます。

働ける時間は限界があるし、地方に住んでいたため東京ほど時給は高くありません。

そのため、バイトのみで稼ぐのではなく投資をしてお金を増やすことで、毎月のお金の不安から解放されると考えました。

そして、書店で読んだFXが一番手頃に始められそうだったので、そこからFXの世界に入り込みました。

FX本で一通り勉強後にトレードするも…

本を読んでFXを一通り勉強した後、僕は何度もトレードしましたが、お金が中々増えません。

勝つときもあれば、負けるときもあり、結局蓋を空けるとほぼトントン

大きく損はしなかったものの2歩進んで2歩下がるといった感じで前に進めないことにイライラしてきました。

そして、だんだんどこで買って、どこで売れば良いのか分からなくなってきました。

このままではいかん!

そう思った僕はネットにFXで勝つための方法を探す旅に出ました。

FXの商材を買うも全く勝てず

ネットでFXで勝つ方法を調べてみると色んな手法が出てきましたが、イマイチ信用できずにいました。

そんな中、年収〇千万稼いでいる人の手法が29800円で手に入るという情報を見て、僕は「自分への自己投資だ。自力でやるより稼いでいる人のやり方を真似た方が近道だ」と自分に言い聞かせ情報商材の世界に入り込みます。

今思えば、なんてバカなんだと自分を叱りたくなりますが、この当時は29800円払えばFXで勝てるようになると本気で信じていました。

バカですね~笑

そして、FXの情報商材に付いているツールを使い、トレードしてみたところ一時的に勝てても、長期的に安定して勝つことができません。

この時僕は心の中で

「この手法じゃ勝てない!」

「他にもっと良い手法があるはずだ!」

FXの知識も増えてきたことで、今勝てていない手法のあら探しをして、別の手法を探しにさまようということを繰り返していました。

実はこの時FXの情報商材だけで15万近く費やしていました。

大学生からしたら結構なお金です。

しかし、残念ながら15万円以上手法やツールに投資しても全く勝てませんでした。

元ファンドの人からFXの真実を教わって2ヵ月で資金を5倍に!

そんな感じで手法を探しては勝てないという日々が続いていましたが、ついに運命の手法に出会います。

それはウォール街の元ファンドでトレーダーをしていた人の情報商材で、これでダメならFXをやめようと半ばダメ元の気持ちで購入しました。

その後、彼のスクールに入り、今まで自分が信じてきたFXの知識は間違いだと気づきました。

そして、その人の授業を受けながらトレードするとなんと8万円を2ヵ月で40万円にすることができたのです。

急上昇の後の急降下が待ち受ける

40万円まで増やした時、僕は有頂天で2ヵ月で5倍にしたのだから、この調子でさっさと100万円に増やして、次は1000万を目指す…といった感じでかなりアグレッシブなトレードをしていました。

そして、順調に60万円まで増えていき、今月中に100万くらい行きそうだな感じていました。

しかし…

60万円まで順調だったのに、そこからなぜか増えません。

勝っては負け、勝っては負けを繰り返し、証拠金が60万前後で止まってしまいました。

中々お金が増えないイライラした僕はお金が増えず遅れた分を取り戻すためにロット数を上げてトレードしました。

そんな時…

急落が起き、大きな含み損を食らっていました。

(※たしか要人の予想外の発言が原因だったと思います)

せっかく短期間で60万円まで増やしたお金だったので、損を確定することができずズルズル難平してしまいました。

いわゆる無限難平というやつです。

そして、この時無限難平で何とか危機を脱出できてしまったことが、逆に仇となりました。

無限難平で危機を切り抜けたことが仇に

無限難平で最終的に45万くらい証拠金を維持することができた経験がきっかけで、僕の中で「一時的に価格が落ちてもどうせ戻るから心配する必要がない」という考えが生まれます。

この時から、今までより無理な難平を繰り返し、結果的に残った証拠金は1万円になってしまいました。

潔くやめれば良かったのですが、厳密にはスタート金額の8万円しか失っていないことなどから、新たに証拠金15万円を突っ込みトレードをスタートします。

今度は15万円からのスタートで前より余裕があるため、きっと60万なんて簡単にいくだろうと思っていました。

しかし、残念ながらこの15万円も一時的には増やしたものの、最後にはほとんどなくなってしまいました。

今は暇つぶしにFXをやるだけに

ここまでが僕がFXをしてきた歴史です。

今は失っても良いくらいの少額のお金でちびちびトレードしています。

別にお金を増やすためではありません。

トレード自体が純粋に楽しいからです。

今は昔みたいにガツガツ毎日トレードせず、週に数回気が向いたらトレードしています。

そして、不思議なことに勝とうとしないでトレードしているとなぜかうまくいくのです(笑)

FXで一通りすべての失敗を経験したことで、FXは投資ではないことがよく分かりました。

今現在は短期間にお金を倍にするようなものではなく、もっと堅実な本物の投資を勉強中です。

50万以上溶かして分かったFXの真実とは

FXで勝っている人の大半はFX初期に稼いだ人

FXの世界で有名な人はFXが世に出たころに稼いだ人が多いです。

実際、FXの規制が緩かったころは今では考えられないくらいのレバレッジで取引ができ、相場自体も今ほど複雑ではありませんでした。

ビットコインが10万の頃に買って、ただ放置していたら200万まで上がったように、初期の頃は今より稼ぐのは難しくありませんでした。

そして、そんなFXの初期の頃に稼いだ人が次にやったのが、FXで勝てる方法を教えることです。

セミナーやスクール、情報商材など方法は様々ですが、とにかくFXの必勝法なるものを売ってさらに稼ぎを増やしています。

つまり、FXで億単位のお金を稼いでいるという人の多くは以下のような構造になっています。

FX初期段階で自己資金を何千万単位の金額まで増やす→次にFXの必勝法を教えて稼ぐ(この頃にはほとんどFXトレードをしていない)

結局、彼らがFXで稼げているのは初期段階にお金を増やせたからです。

手法などは実際はほとんど関係ないのです。

FXで勝つよりも手法を教えて稼ぐ方が儲かる

FXをある程度やって一通り経験すると、あることが分かります。

それは…

「FXで勝つ方法を教える方が低リスクで儲かる」

ということです。

ここで言うFXで勝つ方法とは本当に勝てる手法じゃなくても構いません。

相手が、この手法を使えばFXで勝てると信じ込ませられればそれでいいのです。

FXの世界で稼いでいる多くの人はFXのトレードではなく、FX商材のアフィリエイト報酬や自分自身で商材やツールを作って販売することで儲けています。

FXは価格が動く要因が多すぎる

FXは動く要因が多すぎます。

経済指標はもちろんのこと、政治家や中央銀行の総裁の発言、他国の政治や経済状況などとにかく価格が変動する要因がたくさんあります。

特にここ最近ではトランプ大統領とツイートや金正恩の姿勢で大きく動くこともあり、ますますどっちに動くのか分からなくなっています。

経済指標は発表される時間が決められて予測値なども出ていますが、突然の要人発言やニュースなどの値動きは一般人には分かりようがありません。

FXは一見簡単に見えますが、実は最も難しいトレードでもあるのです。

FX証券会社とトレーダーは利益相反関係

FX証券会社にDD方式とNDD方式の2種類があります。

日本の多くの証券会社はDD方式、つまりインターバンク市場と繋がっていない方式を取っています。

ここまで、聞いてもだから何?

と思われるかもしれません。

しかし、一つだけ覚えておいてください。

DD方式では「ユーザーの負けた金額が証券会社の利益になる」ということです。

つまり、もし私たち一般トレーダーが勝ちすぎると、FX証券会社は儲からないのです。

実際、日本のFX証券会社で勝ちすぎると注文が入らなくなったり、ずらされたりします。

また、証券会社はトレーダーのストップがどこにあるのかが分かるので、そのストップを狩る仕事もあります(ストップが狩られる→ユーザーは損をする→証券会社にとっては利益となる)

この場合はそのFX証券会社のチャートだけ長いヒゲが付いたりしています。

この時仮に他のチャートと比べるとヒゲなどが異なるため、証券会社に質問しても、残念ながら難しいワードだらけの説明文でうやむやにされて終わりです。

このようにFX業界の構造を知っているとそもそも国内のFX証券会社を使っているとほぼ勝てないことが分かるかと思います。

仮にNDD方式の海外FX証券会社を使ってトレードすれば、証券会社と利益相反関係になりませんが、勝ったとしても約半分は税金で持っていかれます

税金も考えるとやはりFXはリスクが高いわりに稼げないのです。

FXは結局守りが固い奴じゃないと勝てない

FX相場の世界は誰も解き明かすことができません。

ウォール街の凄腕トレーダーや数学者でも完全に相場を予測することはできません。

そして、このことが自分の経験も踏まえて腑に落ちてくると、あることに気づきます。

FXの手法なんてどうでもいい。

適当に買ったり売ったりするだけでも利益は得られる。

トレーダーの多くはツールを使ったり、〇〇理論などを使って相場から利益を取ろうと考えます。

しかし、究極的にはFXの手法ではなく、勝ったときに得たお金をいかに守れるかにかかっています。

実際にFXのトレードをしてみると初心者でも勝ってお金を増やせる時期というのが存在します。

しかし、ほとんどの人は僕と同じように勝って得たお金を守れず、それどころか最初の元本も守れず撤退していきます

「FXは守りが重要」と言葉で言うと簡単そうに聞こえますが、私たちの中には「お金が欲しい」「お金を早く増やしたい」という欲があります。

この欲に打ち勝ち、得た利益を守りながらさらに増やしていくのは、実は尋常じゃないくらい難しいことなのです。

最後に:仮想通貨の商材やセミナーには気をつけろ!

今回の記事では僕の今までのFXの経験と、そこから得たFXの真実について書きました。

FXはリスクが高いわりにリターンが小さく、正直言って投資とも呼べません。

僕は約50万くらい溶かしてやっとそのことに気づきました。

これからFXを始めようとしている方、これからもFXを続けようと考えている方に言いたいのは

「FXはお金と時間の無駄!」

最近ではFXではなく、仮想通貨で稼ぐ手法やICOで大金持ちになれるなどFXの初期段階に見られたようなセミナーや情報商材が仮想通貨業界でも数多く見られます。

今よりもっといい生活を送るために投資をしようと思う気持ちは大事です。

しかし、仮想通貨業界もFXと同じで「稼げる方法を売るのが一番儲かる」状況にあります。

騙されてお金を失わないように気を付けてください。

最新情報をチェックしよう!

FXの最新記事8件