お金が自動で貯まる3つの節約マインドセット

節約しているつもりなのにお金が貯まらない。

なんで毎月トントンなの?

こんな経験をした方に特に知ってほしいのが3つの節約マインドセットです。

この3つのマインドセットを頭に入れながらお金を使うことで、今までより上手にお金を節約することができます。

節約は固定費からはじめる

節約する上で最も重要なのは

固定費から節約することです。

ちなみに固定費とは家賃やスマホ代、保険代など月額or年額でかかる出費のことです。

節約ではこの固定費を削ることが、食費を節約したりするより効果があります。

そして、固定費の中でも特に以下の3つを節約するとお金がかなり浮くようになります。

  • 家賃
  • スマホ代
  • 生命保険代

上の3つは固定費の中でも金額が大きいので、まずはこの3つから積極的に節約しましょう。

個人的にはこの中でも一番簡単に節約しやすいスマホ代の節約をおすすめします。

僕自身も格安スマホに変えて、毎月7500円→毎月1600円になりました。

詳しくは以下の記事を読んでみてください。

[st-card id=764]

僕の家計の固定費の割合を大公開

上のグラフのオレンジ部分が僕の家計の固定費になります。

見ていただけると分かると思いますが、スマホ代やネット代、保険代を含めて30%を切っています。

固定費という自動的に取られる出費が少ないため、毎月10万円以上貯金ができています。

【固定費の内訳】

家賃 78000円
スマホ代 1600円
ネット代 3000円
保険代 3000円

僕の固定費の割合を見ると、家賃が一番高くなっています。家賃はもっと下げることもできますが、通勤時間との兼ね合いも考えてこれくらいにしています。

収入から考えたらもっと高い家賃のところにも住めますが、家賃は固定費の中でも下げにくいことから低めに設定しています。

次に家賃以外の固定費に関してですが、かなり抑えています。

スマホもそこまで使わないので格安スマホを使っていますし、ネットもマンションにあらかじめ込みで付いていますが、外でのパソコン作業用のポケットWiFiを持っているだけです。

保険はまだ結婚をしている訳ではないので、万が一に備えて最低限のものしかかけていません。

このように固定費を減らせばお金は貯まります。

実際、毎月服とかを買ったりするわけではないので、お金を使わない月は15万円くらい貯金できています。

買い物するときは資産性を考える

買い物するとき、とにかく安いものだけ買っていませんか?

たしかに安いものを買った方が一見すると節約になると考えるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

例えば、スマホは多くの人が2年で新しいものに買い替えますが、このときiPhoneを買った方が結果的に得することが多いです。

なぜなら、日本ではアンドロイドよりiPhoneの方が価値は落ちにくいからです。

皆さんもご存知のように日本はiPhoneユーザーがとても多く、中古市場でもiPhoneは非常に人気です。

そのため、中古価格でも一定金額以上になります。

確かに、iPhoneはスマホの中でも高額な部類に入りますが、価値が残りやすい分、売った時の値段も考えると実はそんなに高くありません。

他にも同じような考え方で有名なのがフェラーリです。

実はお金持ちの中ではフェラーリがそこまで好きではないけどフェラーリに乗っている人たちもいます。

なぜなら、フェラーリは他の車に比べ価値が落ちにくいからです。

特に限定モデルなどは買った時より価値が上がる場合もあります。

このように特に数年すれば買い替えるようなものを買うときは、目先の安さだけではなく、どれくらい価値が残るのかを考慮に入れて買い物することも重要になります。

投資か消費か考える

そのお金の使い方は投資ですか消費ですか?

多くの人は好きなものを買ったり、食べたいものを食べたりしてお金を使って消費します。

もちろん働いて稼いだお金なので自分の好きなことに使ってもらって構いませんが、消費に使っていたお金を少し、投資に回してみてはいかがですか?

例えば、僕は欲しいもの少し我慢して、本を買ったり、ブログの有料テーマを購入したり自分に投資しています。

そのおかげもあり、現在このブログを含め複数のブログで毎月5万円以上稼ぐことができています。

消費はお金をただ使うだけで何も生み出してはくれません。

しかし、稼いだお金を自分に投資することで、今までより稼ぎを増やすことも可能になります。

お金を使うときはそれが単なる消費なのか、投資になるのかを考えてから行動に移しましょう。

まとめ

今回の記事では節約の3つのマインドセットについて書きました。

まとめると

  • 節約は固定費から行う
  • 買い物するときは資産性を考える
  • 投資か消費を考える

多くの人は節約と聞くと、スーパーをハシゴしたり、セール品ばかりを狙ったりしがちですが、実はそういうのはあまり節約になりません。

それよりもまずは固定費を減らす!

固定費を減らした方が、食費の節約の何倍もの効果があります。

さらにもっと言うと、お金を使うときに資産性を考えたり、投資か消費かを考えてお金を使うことでより効率的に節約ができるようになります。

ぜひこの3つの考え方を常に頭に入れながら、お金を上手に節約しましょう。

【関連記事】

[st-card id=919]
最新情報をチェックしよう!