NO IMAGE

乗り換えて21ヶ月!格安スマホの不安点や疑問点9個に本音で回答

格安スマホはやっぱり遅い?

端末代も込みで考えても本当に安いの?

格安スマホに興味はあるけど、不安に思う人も多いはず。

そこで今回の記事では元スマホ販売員&格安スマホ歴21ヶ月の僕が格安スマホの不安点や疑問点に回答する。

通信速度はやっぱり遅い?

A:通信速度は大手キャリアには勝てない

基本的には契約数、回線を借りてる量、時間帯などによって、格安スマホといっても通信速度は会社によって異なる。

そのため一時的に大手キャリアと遜色ない速度が出るときもあるが、全時間帯での平均ではやはり大手キャリアには勝てない。

この辺は通信速度をとるか安さをとるかのトレードオフになる。

ただし、格安スマホだからといって遅くて使い物にならない訳ではない。

僕が現在、ニフモから使っているUQ mobileは格安スマホの中でもトップクラスに速度が早い。

大手キャリアには速度的に負けるが、UQ mobileならスマホのゲームや普通の動画視聴なら問題なくできる。

機種代を入れて大手キャリアと比較すると料金的に本当に安いの?

A:格安スマホの方が安い

例:大手キャリアでiPhone7 32GBを契約した場合とApple StoreでiPhone7 32GBを購入して格安スマホで運用した場合

大手キャリア 格安スマホ
プラン料金 5940円

通話し放題ライト 1700円+データ通信2GB 3500円

7560円

通話し放題ライト 1700円+データ通信2GB5000円

1728円

データ通信3GB

機種代  3429円/月  3276円/月
毎月の割引  -2322円 なし
毎月の合計  7047円~8667円 格安スマホより2043円~3663円高い!  5004円

※1:価格は全て税込計算
※2:格安スマホの機種代に関してはアップルストアの販売価格(税込)÷24で算出
※3:大手キャリアに関して利用年数による割引や学割といった割引に関しては考慮していない

大手キャリアは加入者が多い1700円の通話し放題ライト+データ通信2GBor5GBで計算させてもらった。

上の表を見てもらえば分かるが、新品の端末代を込みにしても格安スマホの方が2000円以上安い

もしこれを元々持っている端末を使い続けたり、中古の端末を使えばもっと節約効果は高い。

家族間でも通話代がかかるけどお得なの?

A:LINEや通話アプリを駆使すれば全く問題ない

格安スマホ会社にすれば家族間も通話料が30秒20円かかるので、通話代を入れるとあまりお得ではないのでは?と思うかもしれないが、全く問題ない。

友達や家族とは基本LINEで通話すれば通話代はかからないし、それ以外の相手に電話するときも通話料が半額になるG-Callyや固定電話への通話が激安なLaLa Callなどの通話アプリを使えば通話代は安く済ませられる。

もちろん毎月何時間も通話している人はそのまま大手キャリアの通話し放題2700円に加入するべき。

しかし、普段通話をほとんどしないで通話し放題ライト1700円に加入してるなら格安スマホにして通話アプリを駆使したほうが通話代は安い。

通話アプリに関しては以下の記事で詳しく書いている。

[st-card id=192]

数日間使えない期間があるの?

A:最近では解消されつつある

昔は数日間スマホが使えないこともあったが、最近では解消されつつある。

僕は2017年4月にニフモからUQ mobileに乗り換えたが、すぐにつながり、使えない時間はなかった。

一部格安スマホ会社ではまだ不通期間あるかもしれないが、さほど心配する必要はない。

キャリアメール(docomo.ne.jpなど)は使えないの?

A:キャリアメールは使えない

格安スマホ会社ではdocomo.ne.jpなどのキャリアメールは使えない。

若い人はGmailが多いので問題ないかもしれないが、ガラケー時代からキャアリアメールを使っている人には不便だ。

キャリアメールにこだわる人は大手キャリアを使うしかない。

キャリアメールでなくてもいい人はGmailに移行すれば問題ない。

LINE ID検索が使えない?

A:LINE ID検索は使えない。ただし、ふるふるやQRコードは問題なく使える

格安スマホにして地味に困ったのがLINE ID検索が使えないということ。

LINE ID検索はキャリア認証という年齢認証が必要で現在は大手キャリアに契約していないとできないかたちになっている。

ただし、ふるふるやQRコードは普通に使えるので、普段の連絡先交換はそちらで行うことは可能だ。

格安スマホはユーザー数をどんどん増やしているので、今後LINE側がキャリア認証以外の認証方法をとるかもしれない

通話し放題はない?

A:大手キャリアの2700円で通話し放題はないが、5分通話し放題はある

大手キャリアの2700円で通話し放題というのは格安スマホはない。

しかし、5分通話し放題なら格安スマホ会社によっては存在する。

格安スマホにしたいけど通話も良くする人には、G-CAllの5分通話し放題をオススメする。

月額800円(税抜)で電話回線を使った通話が5分間使い放題なだけでなく、5分超過分に関しては30秒10円と半額で通話できる。

楽天モバイルでも似たようなプランがあるが、G-Callは30秒10円に対し非課税なのでその分安い

[st-card id=192]

 

ネットでしか契約できない?

A:基本はネット

格安スマホ会社は店舗を持たないことでコストを削減しているので基本的にはネットでの契約になる。

ただし、最近では都心限定で店舗を出している格安スマホ会社もある。

あまりスマホに詳しくない人はネットでの契約に不安を覚えるかもしれないが、実店舗での契約より無駄なオプションに加入しなくていいので個人的にはネットで契約することを勧める。

3GB以上のプランは少ない?

A:3GBが中心。格安スマホ会社によっては5GBなどのプランもある

格安スマホの料金プランはベースはデータ通信量が月々3GBのものが多い。

最近では5GBは無制限で使った分に対して課金というのもある。

ただ、現時点で毎月5GB以上使っているなら、おそらくゲームや動画視聴時間が長いそこそこのヘビーユーザーなので、そのような人はそのまま大手キャリアを使うことを勧める。

格安スマホにして安くなっても、通信速度が遅く動画が見れない状態などになってしまっては意味がない。

基本は大手キャリアで毎月データ通信量が3GB以下の人が格安スマホに乗り換えたほうがいい人だ。

端末を再度買わないとダメ?

A:持っている端末をそのまま使えることも多い

格安スマホ会社はドコモ系とau系の大きく2つに分かれる。

もしあなたが今までドコモで、ドコモの端末のSIMロックを解除していない場合はau系の格安スマホ会社は使えないので、端末を買わなくてはいけない。

しかし、ドコモからドコモ系の格安スマホ会社にする場合、端末はそのまま使える。

現在は大手キャリアのスマホでも6ヶ月を過ぎるとSIMロックが解除できるので、SIMロックを解除するか、SIMロックがかかったままでもドコモ→ドコモ系格安スマホ会社 au→au系格安スマホ会社に乗り換えれば端末は購入しなくていい。

最後に

今回の記事では格安スマホ歴21ヶ月の僕が格安スマホに関する疑問や不安10個にお答えした。

基本的に格安スマホは大手キャリアに通信速度で勝てないが、毎月のスマホ代は劇的に安くなる。

特に今現在、大手キャリアで通話し放題ライト+2GBのプランに加入している人は即刻格安スマホに変えたほうが毎月の固定費を大幅に削減できる。

また5GBのプランに加入している人も毎月自分が何GB使っているのか確認すべきだ、携帯ショップの店員は「5GB位あったほうがいい」というがそれは店側のインセンティブ上そのように言っているだけで、あなたのために言っているのではない。

もし5GBのプランに加入していても毎月3GB以下の場合も格安スマホにすることを勧める。

格安スマホは自分で契約等全てやらなくてはいけないので不安に感じるかもしれないが、今回の記事で少しでも疑問や不安を解消してくれたら嬉しい。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!