【内情暴露】元スマホ販売員が家電量販店で契約する時の疑問16個に全てお答えします

オプション加入必須、初月は5GB以上のプラン加入が必須→実は嘘

家電量販店でスマホを契約するときの疑問や嘘をお店の内情も含めて暴露!

今回の記事では元某家電量販店のスマホ販売のスタッフだった僕が、家電量販店でスマホを契約するときの16個の疑問にお答えしている。

販売員の接客態度に対する疑問

販売員はなんであんなにしつこいの?

A:家電量販店の社員に怒られないようにするため、買わない客を排除するため

家電量販店でちょっとスマホをちょっと見ていただけなのに、店員に話しかけられ、乗り換えか機種変更なのかを聞かれる。

店員に話しかけられるのが嫌いな人にとってはかなりイライラするだろう。

実はこれには2つの原因がある。

  1. 家電量販店の社員に怒られないようにするため
  2. 買わない客を排除するため

1の家電量販店の社員に怒られないようにするためは以下のような序列が関係している。

家電量販店の社員>スマホ販売の派遣社員

家電販売店の社員の方がスマホ販売の派遣社員より立場が強い。

お客さんがいるのに話しかけないとサボってるとみなされ、怒られる可能性があるため、お客さんが来たらとにかく話しかけて仕事をしているフリをするのだ。

2の買わない客を排除するために関しては各キャリアの責任者や家電量販店のスマホエリアの責任者は常に契約した数字が問われるので、正直言って買う意志もないのにスマホをいじっているだけの人が邪魔だと感じている。

基本的に買う意志があまりなく、スマホをいじっているだけの人は店員に話しかけられるのが嫌いなため、話しかけることでスマホコーナーから出ていってもらうのだ。

正直こんなことはしたくないが、数字を気にする上の人からは忙しいときに購入意思のない人は出ていってもらうように話しかけろと言われている。

※店舗により異なります

なんでアンドロイドを押してくるの?

A:iPhoneより儲かるから

iPhoneは価格の自由度もなく、大量に仕入れたからといってそこまで安く仕入れられないので、正直あまり儲からない。

一方日系メーカーのアンドロイドなどは、家電量販店側に特別なインセンティブがあったりするので、端末だけで見ればアンドロイドの方が儲かる。

また、最近ではiPhoneが主要3社で販売され、ソフトバンクなんかはiPhoneの優位性がなくなりつつあるので、アンドロイドに力を入れているという背景もある。

契約時なんでスマホケースやフィルム、モバイルバッテリーを勧めてくるの?

A:粗利が大きいから

スマホを契約していると店員がスマホケースやフィルム、モバイルバッテリーを勧めてくることがよくある。

もちろん、お客様に買い忘れがないようにというのが表向きに理由だ。

しかし、実はもう一つ理由があって、粗利率が高いというのがある。

粗利率とは販売価格に対して利益の幅が大きいことだ。

スマホケースやフィルムなども金額は小さいが家電量販店にとって重要な収益源のため、家電量販店の社員から各キャリアのスマホ販売員にケースやフィルムを売れと圧がかかるのだ。

店員が無知すぎる

A:スマホ販売はやめる人が多いから

料金プランについて聞きたいことがあったので、店員に聞いてみたけど店員もロクに知らないようで使い物にならないという経験をした人もいるだろう。

基本的にスマホ販売はかなりストレスが溜まる仕事なのでほとんどの人が続かない(特に都心の大型店)。

また、新人研修は全く役に立たないし、店舗でも人手が足りなくて先輩から教わることができないことが多い。

そのため新人はほとんど何も知らない状態で、売り場に立たされロクに質問に答えられないという状態なのだ。

入り口付近のお姉さんに聞いたけど何も知らないのはなぜ?

A:単発のイベントスタッフのバイトだから

各キャリアの売り場の入口付近にいるお姉さんに質問したけど何も分からない様子だったりする。

彼女たちは土日祝などの抽選会などの単発のイベントスタッフのバイトで初めてそこの店舗に配属されることも多いので、基本的にはプランのこともその店舗の何階に何があるかも分からない。

中にはベテランもいて詳しい人もいるが、殆どの人が初心者なのでイベントスタッフに質問しても時間の無駄だ。

iPhone発売後どこの店舗でも「在庫なし」になってるけど本当?

A:一部ほんとで一部嘘

日本で大人気のiPhoneはだいたい発売後1週間くらいは人気の64GBや128GBはどこも売り切れになる。

本当に在庫がないのか怪しむ人もいるが、基本的に本当に在庫はない。

やはり予約した人にまずは割り当てるので、iPhoneが店舗に入荷されても予約分で消化してしまうことが多い。

まれに64GBや128GBなど人気機種でもフリー在庫として1台確保できたりするが、初期不良時のスペアなどにするために表向きは在庫がないと言っていることが多い。

しかし、乗り換え希望の方にはそのフリー在庫を出すことがある。

例:iPhone発売直後、人気の64GBや128GBのフリー在庫があるか確認した場合

機種変更の人→店員「今64GBと128GBの在庫はないです」

乗り換えの人→店員「ちょうど1台キャンセルになって在庫があるんですよ!」

上のような対応をされることがまれにある。

やはりお店側としても機種変更より乗り換えを取りたいので、64GBや128GBのフリー在庫は乗り換えを獲得するための餌にすることが多い。

iPhone発売直後、予約していない場合は店員に乗り換えしたいと伝えれば、たまたま余っている人気容量のiPhoneを裏からこっそり出してくれるかもしれない。

スマホ契約に関する疑問

家電量販店で解約できないって言われたけどなんで?

A:家電量販店は新規契約、乗り換え、機種変更など販売がメインの契約しかできないタイプの代理店だから

家電量販店は販売がメインの代理店なので解約や料金支払などは家電量販店ではできない。

解約や料金支払、故障対応などは近くのショップに行くしかない。

ちなみにプリペイド携帯のチャージなどは家電量販店で厳密にはできるが、彼らにとって金にならないので「ショップでしかできません」と言われ突っ返させられるだろう。

オプションは絶対はいらないといけないの?

A:オプションは不要なら厳密には入らなくていい

契約時のオプションはいらなければ加入しなくていい。

しかし、家電量販店では「ウチはオプション加入必須です(嘘)」と言ったりする。

なぜかというと、販売代理店にとってオプション加入はインセンティブにつながるからだ。

要するにオプション加入してくれないと家電量販店側からすれば儲からないのだ。

また、オプション添付率なども各販売員はチェックされ、この数値が低いと怒られるので、販売員は「オプション加入は必須です」といってなんとか加入させるのだ。

ちなみに、オプションをどうしても加入したくないと言った場合は同じ家電量販店でも店舗により対応が異なる。

親切な店舗の場合→オプションを外してくれる

厳しい店舗の場合→「うちの店舗では契約できません」と突っ返させられる

※注意点として、その店舗独自のキャンペーンを使って契約する時はオプション加入が必須になるので、これは仕方がない。ここでいうオプション加入しなくていいというのはキャンペーン等を使っていない通常の機種変更などのことだ。

初月は2GBのプランじゃ駄目なの?

A:本当は初月から2GBのプランも契約可能

家電量販店によっては初月は5GB以上のプランで契約しないと駄目というところがある。

実はこれもオプション同様にインセンティブが絡んでいる。

基本的には2GBのプランは金にならないので5GB以上のプランを勧めてくるはずだ。

最初から2GBのプランで組めるかはオプションのときと同様に店舗により対応が異なる。親切な店舗に当たればこっそり2GBで契約してくれる。

※注意点として、その店舗独自のキャンペーンを使って契約する時は5GBプラン以上の加入が条件になっている場合があるので、これは仕方がない。ここでいう初月から2GBのプランでもいいというのはキャンペーン等を使っていない通常の機種変更などのことだ。

なんで一括払いを勧めてくるの?

A1:ポイントが付いてお客さんにとってメリットが大きいから

A2:スマホエリアの責任者や店長の評価につながるから

A1に関しては端末を現金一括払いの場合、アンドロイドで10%分、iPhoneで5%分のポイントが付くので、ポイント分が分割払いで払ったときよりお得になる。

A2に関しては家電量販店の社員の思惑が関係している。

例えばABCカメラ秋葉原店という家電量販店でiPhoneが売れたとする。

分割場合でも一括払いでもABCカメラの売上には変わりないが、一括払いだとその店舗の売上にできるのだ。

つまり、一括払いでスマホが売れると売上はABCカメラ秋葉原店のスマホコーナーの売上になる。スマホは単価が高いので売上が大きくなる。その後の流れは以下のような感じだ。

スマホ一括払い→その店舗のスマホコーナーの売上が上がり責任者は喜んで店長に報告→店長も店の売上が上がるので喜んで上司に報告→スマホコーナー責任者も店長も評価が上がり、いずれ出世につながる

要は売上を上げて出世の材料に使いたいのだ。

このため店長やスマホコーナーの責任者は一括払いを取るように各キャリアの販売員に圧をかけるのだ。

iPadが安いけど契約したほうがいい?

A:個人の自由。ただし最近は在庫処分の目的が多いので本当に必要なのか見極めることは大事。

最近ではiPad Proなどの一部機種を除き、タブレットが安く売られたりしている。

実はこれは在庫処分の目的が多い。

特に最近ではスマホの画面サイズが大きくなり、タブレットの必要性が急激に失われ、在庫が余っていることが多い。

価格は安いかもしれないが、1度契約すると最低2年間は固定費化するので、本当に必要ではない限り契約することはおすすめしない。

下取りは出した方がいい?

A:自分でフリマアプリなどでで売った方がいい

大手キャリアの下取り額は正直そこまで高くないので、フリマアプリ等で自分で売ったほうが下取り価格より高くなる可能性が高い。

例えばドコモではiPhone 5cの下取りが良品で6000円、画面割れで1800円となっているが、メルカリで見てみると画面割れで7000円、良品で1万円~1万3000円で売れている。

例:ドコモ下取りとメルカリの比較

ドコモ下取り メルカリ
良品 6000円 10000~13500円
画面割れ 1800円 7000円

※メルカリの価格はあくまで一例です

フリマアプリで売ったりするのがめんどくさい人は下取りに出してもいいが、少しでもスマホ代を安く済ませたいのなら自分で売ったほうがいい。

いつ行くと一番お得?

A:サラリーマンは金曜日の夕方、家族連れは土日

基本的にキャンペーンのサイクルは月〜木曜日と金〜日曜日の2つに分かれる。

やはり、サラリーマンは金曜日の仕事終わり、家族連れは土日のお昼頃の来店が多いので、金〜日曜日はその人達をターゲットとしたキャンペーンをやることが多い。

ただし、最近では総務省の指導が入り、過度なキャンペーンはできないので昔ほどお得感はない。

格安スマホはどうなの

A:通信速度では大手キャリアに勝てない。毎月の通信量が3GB前後で通話し放題ライト+5GBのプランに加入しているなら即刻格安スマホに乗り換えたほうがいい。

格安スマホは時間帯によっては大手キャリアとほとんど変わらない時間帯もあるが、やはり平均を取ると大手キャリアに通信速度では勝てない。

なので、毎月5GBを超えてゲームや動画視聴を良くする人はそのまま大手キャリアを使い続けた方がいい。

しかし、もし通話し放題ライト+5GBのプランに加入していながら、毎月の通信量が3GB前後で電話もほとんど使っていないのなら、即刻格安スマホに乗り換えたほうがいい。

ちなみに個人的には格安スマホの中でもトップクラスに早いUQ mobileをオススメする。

通話し放題ライト(1700円)ってどんな人にメリットがあるの?

A:メリットなんてほぼない。基本料金の単なる値上げ

大手キャリア各社は通話時間が少ない人向けにライトプラン(5分通話し放題で1700円)のプランを出しているが、全くメリットはない。

そもそも5分間の通話ってどんな状況か考えてみると以下のようなシチュエーションではないか?

友達同士:「明日暇?予定空いてたら飲みに行こう…」

家族同士:「パパ帰りに卵買ってきて!」

店の予約:「明日の19時から4名で予約したいんですけど…」

ただ正直こんなのは

友達、家族同士→LINEで十分

店の予約→固定電話への通話代が安いLaLa Callアプリを使えばいい

正直、LINEやG-Call、LaLa Callなどの通話アプリを使えば5分通話し放題に1700円を払う価値はない。

実際このプランは旧プランから現在メインの通話し放題プランにほぼ強制以降させた時の値上げに対する反発があったから生まれたプランだ

通話はほとんどしないが、データ通信は5GB以上使う人は残念ながら基本料金として1700円を払い続けないといけないが、データ通信使用量が少ない人は大手キャリアの通話し放題ライトプランにわざわざ1700円も払う必要はない。

通話アプリに関する記事はこちら

[st-card id=192]

昔みたいに乗り換えで商品券◯万円とかはやらないの?

A:総務省の指導が続く限りやらない

昔は乗り換え1台で商品券が8万円というのをやっていたが、総務省の指導が入ってからはこのような過度なキャンペーンはできなくなった。

そのため、昔みたいに乗り換え0円で商品券付きというキャンペーンは総務省の介入がなくならない限りは再度行うことはない。

まとめ

今回の記事では僕が某大手家電量販店でスマホ販売の派遣をやっていた経験から、家電量販店でスマホを契約するときの疑問16個にお店の内情も含めてお答えした。

特に都心の大型店では独自のキャンペーンで安くなったりもするが、その分オプショ加入や初月5GB以上のプランが必須となっているので、オプションを外したりするのが苦手な人は家電量販店ではなく、ショップで契約することを勧める。

もし他にも知りたい人はコメント欄から質問してほしい。答えられる範囲内でお答えする。

※ここで書いた内容はあくまで僕が働いていた当時の情報であり、現在は変更されている可能性もあります。また、各種対応についても同じ家電量販店でも店舗により異なることがございます。

【関連記事】

[st-card id=222]
最新情報をチェックしよう!