コンバージョン率5%の僕がアマゾンアソシエイトで稼ぐ4つの方法を伝授

  • 2017年7月20日
  • 2019年4月16日
  • 副業
  • 729view

アマゾンアソシエイトは稼げない!?

2017年の1月~7月までの7ヶ月間の平均コンバージョン率5%の僕がアマゾンアソシエイトで稼ぐための4つのコツを伝授!

アマゾンアソシエイトのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 紹介料率が高い(楽天アフィリエイトに比べ)
  • 商品数が無限
  • 売れやすい
  • 報酬が現金で受け取れる
  • クッキー有効期間が24時間と短い
  • 紹介料上限が1商品につき1000円

アマゾンアソシエイトのメリットは紹介料率の高さと売れやすさ

アマゾンアソシエイトのメリットは楽天アフィリエイトと比べて紹介料率が高いことが上げられる。

カテゴリーによっても異なるがアマゾンアソシエイトは2~10%の紹介料率になっている。

もし紹介料率8%の1万円の商品を紹介して売れたとすると、楽天アフィリエイトは100円の報酬に対しアマゾンアソシエイトでは800円の報酬になる。

実に8倍の差だ。

もう一つ大きなメリットとしては紹介できる商品数が無限であることだ。

アマゾンではA8.netのようなASPでは扱っていない商品も紹介できる。

つまり、ライバルが少ない商品を紹介して報酬をゲットできるのだ。

しかも、アマゾンユーザー数は多く売れやすい。

アマゾンアソシエイトのデメリットはクッキー有効期間の短さと紹介料上限

一方、アマゾンアソシエイトのデメリットとして、まず上げられるのはクッキーの有効期間が24時間と短いことだ。

楽天アフィリエイトのクッキー有効期間が30日間であることと比べるとかなり短い。

つまり、せっかくクリックしてもらっても、その人が25時間後に購入すれば、報酬は1円も発生しないのだ。

もう一つのデメリットは1商品あたりの紹介料上限が1000円であること。

アマゾンの場合、仮に紹介料率8%で100万円の商品を売っても、紹介料は8万円にはならないのだ。

上限が1000円と決まっているため、この場合でも1000円の紹介料しか入ってこない。

つまり、アマゾンアソシエイトは高単価の商品を紹介するのにはあまり向いていないのだ。

僕のアマゾンアソシエイトの実績を公開

※2017年1月~7月の実績。

僕はどちらかというと、1商品あたりの紹介料上限がない楽天アフィリエイトに力を入れているので、あまりアソシエイトの報酬は高くない。

だいたい平均すると月3000円くらいだ。

注目してほしいのはコンバージョン率が5%であること。

この数字は比較的高い方だと思う。

コンバージョン率が高いということはクリックが購入につながっているということのなので、それだけ見てくれた人に合った商品を紹介できているということになる。

アマゾンアソシエイトに関しては僕もまだまだ勉強中なのでこれからだという感じだ。

コンバージョン率が悪くないのでブログのPV数を上げていけば報酬も順調に伸びるだろうと考えている。

Amazonアソシエイトで稼ぐ4つのコツ

料率の高いカテゴリーを選ぶ

楽天アフィリエイトは基本料率が1%で固定だが、アマゾンアソシエイトはカテゴリーによって料率が異なる。

そこで上の画像を見て考えつく戦略としては高料率のカテゴリー、特に紹介料率8%のファッション小物、ジュエリー、シューズ、バッグのカテゴリーを狙うことだ。

なぜならこれらのカテゴリーは紹介料率が高いだけでなく、商品の単価も高いものが多いからだ。

もちろん食品カテゴリーなどがダメな訳ではないが、平均的に単価が低いため、1個売れても報酬金額が少ない。

アマゾンアソシエイトで稼ぐなら上の4つのカテゴリーがおすすめだ。

1万円前後の商品を選ぶ

アマゾンアソシエイトで効率的に稼ぐためには1万円前後の商品を数多く売ることだ。

なぜかというと、アマゾンアソシエイトの場合、リンクを踏んでから24時間以内に買ってもらわないと報酬が発生しない

もしリンクをクリックした人が25時間後に商品を購入しても報酬は0円なのだ。

このことを考えると、クリックしてからなるべく早く買ってくれる値段の商品を紹介するほうが報酬につながりやすいことが分かる。

ここでちょっと考えてみてほしい。

一般的な人にとってクリックしてからすぐに買える値段、つまり買うまでに悩まない値段はだいたい1万円前後ではないだろうか?

実際、僕が記事で紹介して売れる高単価なものは8000円~17000円くらいのものが多い。

やはりクリックして24時間以内にすぐに買える商品は高くても2万円くらいの商品が多いのだ。

もう一つ、先程料率が8%のカテゴリーをおすすめしたが、料率8%で考えた場合12000円くらいの商品を紹介して購入してもらうことの方がアフィリエイト報酬の取りこぼしがなくて済む。

アマゾンアソシエイトでは紹介料上限が1000円と決まっている。

そのため、もし紹介料率8%で3万円の商品を売っても、報酬は2400円ではなく、1000円しか入ってこないのだ。つまり、1400円が無駄になっている。

頑張って高単価の商品を売ってもアマゾンアソシエイトでは労力の無駄になる。

12000円くらいの商品を売れば、紹介率8%で960円が報酬として受け取れる。

これくらいの1万円前後の価格の商品を紹介して売ることが一番紹介料のロスが少なくて済むのだ。

レビュー記事で購入意欲の高い人に購入してもらう

アマゾンアソシエイトはレビュー記事との親和性が高い。

なぜかというとレビュー記事を読む人はその商品に対し興味を持ち、購入意欲の高い人達だからだ

先程も書いたようにアマゾンアソシエイトはクリックしてから24時間以内に購入してもらわなければ報酬は発生しない。

そのため、購入意欲が高く、すぐに買ってくれそうな読者が集まりやすい記事を書くほうが効率がいい。

自分で商品を購入しなかればならないので、レビュー記事はハードルが少し高い。

しかし、自分が好きなジャンルの商品に特化したブログを作れば、ファンも集まりやすく、紹介した商品も売れやすくなる。

1記事で複数の商品を紹介してクリック数を増やす

未来をサキドリするWEBマガジン SAKIDORI

楽天アフィリエイトやアマゾンアソシエイトはその特性上、多くの人にクリックしてもらうために1記事でたくさんの商品を紹介して、クリックしてもらった方が効率的だ。

例えばアマゾンアソシエイトを取り入れているガジェット系の記事で有名なSAKIDORIさんは「◯◯おすすめランキング」や「(アイテム名)◯選」のような記事が多い。

実際に金額を確認したわけではないが、SAKIDORIさんはPV数もかなり多いため、1記事で複数の商品のアマゾンアソシエイトや楽天アフィリエイトのリンクを配置して、毎月結構な額を稼いでいると推測される。 

実際、サイトにもアマゾンアソシエイトを利用していることが書かれている。

アマゾンアソシエイトで稼ごうと考えている人はSAKIDORIさんのサイトを参考にするのもアリだ!

まとめ

今回の記事ではアマゾンアソシエイトで稼ぐ方法を解説した。

まとめると

アマゾンアソシエイトで稼ぐ方法

  • 料率の高いカテゴリーの商品を選ぶ
  • 1万円前後の一般の人が購入しやすい価格帯の商品を紹介する
  • レビュー記事で購入意欲の高い人にリンクをクリックしてもらう
  • 1記事でたくさんの商品を紹介することで多くの人にクリックしてもらう

アマゾンアソシエイトは楽天アフィリエイト同様に初心者でも始めやすく、報酬につながりやすい。

アマゾンアソシエイトで効率的に稼ぐためにも今回の記事を活用してほしい。

【関連記事】

[st-card id=518]
最新情報をチェックしよう!