NO IMAGE

2年放置で59760円の損!? SoftBank(ソフトバンク)のいらないオプションの解約方法

2年間オプション放置で59760円!?

家計の固定費であるスマホ代を上げる原因になる不要なオプション代。

一つ一つの金額は小さいがバカにはできない出費の一つだ。

解約するのが面倒でついつい払い続けてしまう人が多いが、実はかなりのお金を捨てている。

今回の記事ではそんなソフトバンクのいらないオプションの解約方法を紹介している。

ソフトバンクで契約する時はオプションに加入しなくてもいい!?

多くの人がソフトバンクで契約する場合にオプション加入が必須だと考えている人が多いが、オプション加入は基本的に必須ではない

実は過去の記事でも紹介したが、オプション強制加入は代理店のインセンティブが絡んでいる

詳しくは以下の記事を読んで確認してほしいが、家電量販店で契約する場合はオプションを外しづらく、街のショップは比較的オプションを外して契約しやすい。

同じソフトバンクの看板だからと言っても大本の代理店が異なるし、代理店にも量販店、専売店、併売店の3つに分かれているので、各代理店の癖をしっかり理解し契約に望むことで不要なオプションを付けずに契約できる可能性がぐっと高まる。

[st-card id=217] [st-card id=222]

※その店舗限定のキャンペーンを適用する際はオプション加入が条件になっていることもあるので、その場合はオプションに加入しなくてはいけない。ただし、特にキャンペーン適用もせず、普通に機種変更等をする場合は街のショップで契約すれば、オプションを付けず契約できることが多い。

ソフトバンクのいらないオプションの解約方法

My SoftBankから解約できるオプション

  • スマートフォン基本パック、iPhone基本パック(月額500円)
  • とく放題(月額590円)
  • ブック放題(月額500円)
  • アニメ放題(月額400円)
  • あんしん保証パック(月額500~750円)

 

どこの代理店を通して契約したのかにもよるが、おそらくソフトバンクで強制加入させられたオプションには上のものが多い。

もしこれら全てのオプションに加入させられ、2年間解約するのを忘れてしまうと

オプション代合計2490円×24ヶ月=59760円

59760円お金をドブに捨てていることになる。一つ一つは月額500円くらいと安いかもしれないが、2年間放置するとかなりの金額になる。

ちなみに2年くらい前に契約した人は以下の2つがオプションとして加入していることが多い。

  • UULA
  • ソフトバンクヘルスケア

解約方法はネットから行うのが一番簡単でMy SoftBankにログインし、「契約確認」をクリックし、オプションサービス一覧のところから「変更」ボタンを押して解約すればいい

解約理由などを選ばなくてはならず少々面倒な部分もあるが、これをやらないと解約できない。

My SoftBankから解約できないオプションの解約方法

 

ソフトバンクのオプションの中で解約するのが面倒なのが、NetflixとUULAだ。

どちらも契約時にSMSでログインIDとパスワードが送られてくるが、分からない場合は「157」に電話をして解約してもらったほうが早い

もし、Netflixが自力でネットから解約できない場合は「157」に電話をして先程のiPhone基本パックやブック放題などいらないオプションは全て外してしまえばいい。

ただし、ソフトバンクの157はつながらないことで有名なので、つながるまで忍耐強く待つしかない。

Netflixにログインできた場合の解約方法

「アカウント情報」をクリック

契約している場合は赤枠のボタンが「メンバーシップをキャンセル」になっているので、そこをクリックしてキャンセルを確定して終了。

まとめ

記事の最初でも述べた通り、多くの人がオプション加入は強制だと思っているがそうではない。

家電量販店の場合は収益の仕組み上、オプション加入必須が多いが、街のショップであればオプションに加入しなくてもいい場合が多い。

ただし、街のショップでも大本の代理店が異なると同じソフトバンクの看板でも対応の仕方が全く異なるので、周りの口コミなども参考に対応の良いショップで契約することを強く勧める。

使わないスマホのオプションは毎月の固定費増加につながるので、もしまだ解約していない人は日割り云々抜きにして、速攻で解約したほうがいい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!