NO IMAGE

契約前に確認したい格安スマホUQモバイルの6つのデメリット

格安スマホの中でも大手キャリア並に通信速度が早いUQモバイルだが、細かなデメリットもある。

今回の記事ではUQモバイルの6つのデメリットを紹介する。

UQモバイル6つのデメリット

おしゃべり・ぴったりプランが注釈が多く分かりにくい

UQモバイルのHPを見たことある人は分かると思うが、おしゃべりプランやぴったりプランは注釈が多くオトクなのかどうか分かりづらい。

どのプランがいいか分からない方は以下の記事2つを参考にしてほしい。

[st-card id=310] [st-card id=316]

3G回線が使えない

UQモバイルでは3G回線が使えないため4GLTEが飛んでいないところは圏外になる。

ただし、最近では4GLTEが飛んでいないところはほとんど無いし、僕がニフモを使っていた頃は地下鉄などで3G接続のときがあったが、ネットに繋がらず役に立たなかった。

今の時代では普通の人は3Gはあってもなくてもあまり関係ない。

ただし、3Gは音声通信にも使われているため、山登りなど電波が繋がりにくい場所によく行く人は、万が一のときにスマホが使えない可能性もあるので、そういう人はUQモバイルはやめたほうがいい。

支払い方法はクレジットカードのみ

UQモバイルの支払い方法はクレジットカードのみなので、クレジットカードがない人は契約できない。

また、デビットカードも使えないので注意が必要。

大手キャリアのiPhoneはSIMロックを外さないと使えない

大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクのiPhone6s等はSIMロックを外さないと使えない。

今まで使っていたiPhoneをそのままUQモバイルで使う場合にはSIMロックを必ず行おう。

あと、中古で大手キャリアのiPhoneを購入する際もSIMロック解除済みか確認してから購入しよう。

おしゃべりプランとぴったりプランは更新月以外は契約解除料9500円がかかる

音声通話付きデータ通信3GB(1680円)などの前からあるプランは12ヶ月以上使うと契約解除料が0円だ。

しかし、新しいおしゃべりプランやぴったりプランは大手キャリアと同じで2年縛りがあり、契約更新月以外に解約すると契約解除料として9500円がかかるので注意が必要。

おしゃべりプラン・ぴったりプラン→音声通話付き高速データ通信3GB(1680円)のプラン変更はできない

UQモバイルはプラン変更に関して少し複雑なので注意すること。

【プラン変更可能】

OK:音声通話付きデータ通信3GB(1680円)→おしゃべりプランやぴったりプラン

OK:おしゃべりプラン↔ぴったりプラン

【プラン変更不可】

NG:音声通話付きデータ通信3GB(1680円)→おしゃべりプランやぴったりプラン→音声通話付きデータ通信3GB(1680円)

※元のプランに戻すパターン

NG:おしゃべりプランやぴったりプラン→音声通話付きデータ通信3GB(1680円)

まとめ

今回の記事ではUQモバイルのデメリットを紹介した。

まとめると

  • 新料金プランのおしゃべりプランやぴったりプランは注釈が多く、どれがお得か分かりにくい
  • UQモバイルは3G回線が使えない。山などによく行く人は要注意!
  • 支払い方法はクレジットカードのみ。デビットカードは使えない。
  • 大手キャリアのiPhoneはSIMロックを外さないと使えない
  • おしゃべりプランとぴったりプランは大手キャリアと同じ2年縛りがある。そのため更新月以外の解約だと契約解除料9500円が取られる。

UQモバイルは他の格安スマホに比べてデメリットは比較的少ないが、細かなデメリットがあるので契約する前に必ず確認してほしい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!