NO IMAGE

【一刀両断】UQモバイルおしゃべりプラン・ぴったりプランどっちがお得か元大手キャリア販売員が徹底検証

正直、UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプランのどちらがお得か分からない(泣)

そんな方のために今回の記事では格安スマホ歴21ヶ月で元大手キャリアのスマホ販売員だった僕がUQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプランを本音でぶった斬る。

会社が一番オススメするのは利益性が一番高いから

まず覚えておいてほしいのがビジネスにおいて一番オススメされているのは

お客さんにとって一番メリットがあるものではなく、企業側にとって一番利益性の高いものを持ってきているということだ。

UQモバイルではHPや広告などでもおしゃべりプランやぴったりプランが一番オススメされているが、これもUQモバイル側にとって利益性が高いからだ。

昔は高速データ通信3GBが中心で価格はどこも月々1600円というのが主流だった。

しかし、最近ではいろんなプランが増えてきている。

なぜか?

もちろんお客さんの細かなニーズに答えるというのがあるが、一番は単価を上げたいからだ。

企業の売上は単価×数量という式で表される。

格安スマホ会社のユーザー数が大手キャリアより多くなることはまずない。また、最近格安スマホ会社の数が増えてきているため、自社で囲えるユーザー数には限界がある。

となると、格安スマホ会社が売上を上げるには単価を上げる必要がある。

ただし、単価を上げると言っても大手キャリアと同じにしてしまうとユーザーが集まらないので、大手キャリアより安い中価格帯を狙っているプランが増えてきている。

また、知人で格安スマホの代理店をやっている人に聞いた話では、このままユーザー数が増え続けると通信設備を維持するのに今までの価格ではやっていけないという格安スマホ会社側の背景もあるそうだ。

このように企業の目線に立ってみると、なぜUQモバイルがおしゃべり・ぴったりプランをおすすめしてくるのかが見えてくる。

まずはここを抑えておいてほしい。

おしゃべり・ぴったりプランの注意点4つ

14ヶ月目以降1000円の値引きが終了

上の画像の赤線で引いているが、おしゃべりプランとぴったりプランは14ヶ月目以降に1000円の値引きが終了するため、1年目より料金が高くなる

ちなみに各プランの2年間のお支払総額は下の表のとおりだ。

1~13ヶ月 14~24ヶ月 2年間合計金額
プランS 25740円 32780円 58520円
プランM 38740円 43780円 82520円
プランL 64740円 65780円 130520円
音声通話付き高速データ通信3GB 40320円

※価格は税抜き表示
※高速データ通信は1680円×24ヶ月で算出
※通話代は含んでいません

26ヶ月目以降データ通信量&無料通話料の増量が終了

ぴったりプランは26ヶ月目以降にデータ通信量と無料通話の増量が終了するのも注意が必要だ

1~25ヶ月 26ヶ月~
プランS 2GB/月 無料通話60分 1GB/月 無料通話30分
プランM 6GB/月 無料通話120分 3GB/月 無料通話60分
プランL 14GB/月 無料通話180分 7GB/月 無料通話120分

※現在では、オプションで500円を追加すれば、今までのギガ数使えるようになりました。

おしゃべり・ぴったりプラン→高速データ通信3GBにプラン変更はできない

UQモバイルのプラン詳細の「プラン変更について」のところに書いているが、おしゃべりプランやぴったりプランから高速データ通信3GBのプランへの変更はできない。

そのため1~13ヶ月はプランMで安く6GB使って、14ヶ月目以降は高速データ通信3GBに変更するなどはできないので注意!

ちなみにおしゃべりプラン↔ぴったりプランのプラン変更は可能だ。

auからUQモバイルへの乗り換えは割引適用外

auからUQモバイルに乗り換えた場合は1~13ヶ月の1000円の割引は受けられない。

そのため初月からプランSなら2980円、プランMなら3980円、プランLなら5980円を支払わないといけない。

auから乗り換えた人におしゃべりプランとぴったりプランは旨味がない。

5分通話し放題のおしゃべりプランをぶった斬る

おしゃべりプランは契約する価値はない!

まずお伝えしたいのが

おしゃべりプランは契約する価値はない!

ということ。

なぜか?

おしゃべりプランは自作したほうが安いから

自作方法はUQモバイルの音声通話付き高速データ通信3GB(1600円)を契約し、G-Callの5分通話し放題800円に加入すればいい。

しかもG-Callの5分通話し放題は5分を超えた後の通話代が半額の30秒10円だ。しかも非課税!

そのため、わざわざUQモバイルのおしゃべりプランに加入する必要はない

特徴 毎月の料金
自作おしゃべりプラン

音声通話付き高速データ通信3GB

とG-Call5分通話し放題

  • データ容量3GB
  • 5分通話し放題
  • 5分超過分は半額の30秒10円(非課税)
ずっと2480円
おしゃべりプランS
  • データ容量1GB(25ヶ月間は2GB)
  • 5分通話し放題
  • 5分超過分は30秒20円

2980円

(13ヶ月間は1980円)

おしゃべりプランM
  • データ容量3GB(25ヶ月間は6GB)
  • 5分通話し放題
  • 5分超過分は30秒20円

3980円

(13ヶ月間は2980円)

※価格は税抜表示

上の表を見て分かる通り、おしゃべりプランSは最大でも2GBしか使えないし、14ヶ月目以降は自作おしゃべりプランより高い。

また、おしゃべりプランMに関しても2年間は6GBを使えるメリットはあるが、2年目以降は自作おしゃべりプランと同じ3GBになる。

そうなると料金的に見ても自作おしゃべりプランの方が断然安い。

ちなみにおしゃべりプランLについてだが、同じ料金を払うのなら無料通話分が120分以上あり、通話代の自由度の高いぴったりプランLを選んだ方がいい。

これらがおしゃべりプランを契約する価値がない理由だ。

G-Callに関しては以下の記事で詳しく説明している。

[st-card id=192]

無料通話付きぴったりプランをぶった斬る

ぴったりプランSは論外

毎月最大で2GB、しかも2年目以降1GBしか使えないプランに2980円(1年目1980円)の価値はない。

ネットをほとんど使わずぴったりプランSに加入しようとしているのなら、他社の高速データ通信1GB+通話アプリで運用したほうが毎月のスマホ代は断然安い。

※UQモバイルでは音声通話付き高速データ通信1GBはない。3GBのみ

 

おすすめできるのはぴったりプランM・Lだけ

毎月5GB以上使いたいけど大手キャリアよりスマホ代を安く済ませたいという方にはぴったりプランMとLはおすすめだ。

以前までは、ぴったりプランMは2年目以降微妙だったが、オプションで500円払うと毎月のギガ数と無料通話分が今まで通り使えるようになった。

【契約してから2年間までの料金比較】

大手キャリア

(通話し放題+5GB)

大手キャリア

(通話し放題ライト+5GB)

ぴったりプランM

(無料通話120分+6GB)

ぴったりプランL

(無料通話180分+14GB)

料金プラン 8000円 7000円 3980円(13ヵ月目まで2980円) 5980円(13ヵ月目まで4980円)
2年間の合計 192000円 168000円 82520円 130520円

※価格は税抜表示
※端末代除く

料金的にみても、ぴったりプランM・Lは安い!

このように大手キャリア並みのデータ容量プランを使いたいが、毎月の料金を抑えたいという方には、格安スマホの中でもトップクラスに速度の早いUQモバイルのぴったりプランM・Lはオススメだ。

まとめ

今回の記事ではUQモバイルのおしゃべりプランやぴったりプランの注意点やおすすめできるプランとできないプランを本音で説明した。

まとめると

  • おしゃべりプランとぴったりプランがおすすめされているのはUQモバイルにとって利益性が高いから
  • おしゃべりプランは自作したほうが安いので契約する価値なし
  • 毎月5GB以上使いたいが、大手キャリアよりスマホ代を節約したい方にはぴったりプランLがおすすめ

UQモバイルでおすすめできるプランは2つ!

・毎月のデータ使用量が3GB未満で通話をほとんどしない人

音声通話付き購読データ通信3GB(1680円)

・毎月5GB以上ネットを使いたいが大手キャリアより安く済ませたい人(通話はあまりしない)

ぴったりプランM・L(26ヵ月目以降は500円のオプションに加入)

※これらに当てはまらない人はそのまま大手キャリアで契約し続けたほうがいい。

UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプランは細かな注釈が多く、正直お得かどうか分かりにくい。そのため、今回の記事を読んでUQモバイルでのプラン選びに役立ててほしい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!