敷金を取り返せ!賃貸の退去コストを抑えるお掃除&修繕アイテム4選

  • 2017年7月1日
  • 2019年4月16日
  • 家賃
  • 223view

 

退去時に敷金を多く返してもらうには

まず覚えておいてほしいのは

返ってくる敷金=敷金ーハウスクリーニング代ー修繕費

ということ。

まずハウスクリーニング代だが、これは確実にかかると考えたほうがいい。

これはどんなに部屋をキレイに使っていてもだ。

多くの場合は契約書に記載されているので、どんなに払いたくないと言っても契約している以上は無理だ。

不動産会社に聞いたところ、やはりどんなにキレイでもクリーニング会社が清掃したというお墨付きが次の入居者獲得のために必要だそうだ。

修繕費に関しては通常の範囲内での使用であれば特に取られることはない

ただし、悪徳な不動産会社によっては何かとイチャモンをつけて修繕費を取ろうとするところもある。

以下で説明する原状回復義務の事例を見て、明らかに不当な修繕費を請求されている場合は一度不動産会社に抗議をしたほうがいい。

ここまでまとめると敷金が返ってくるためには修繕費を0円にすることが重要になる。

原状回復義務ってどこまで? 事例を紹介

通常使用の範囲内 通常使用の範囲外

(畳、カーペット、フローリング等)

・家具の設置による床の凹み

・日照による畳やフローリングの色落ち

・引越し作業で生じたひっかきキズ

・賃借人の不注意による畳やフローリングの色落ちやシミ

・落書き

壁、天井 ・テレビや冷蔵庫の後部壁面の黒ずみ

・壁に貼ったポスターや絵画の跡

・エアコン設置による壁の穴

・日照等の自然現象による変色

・画鋲やピンの穴(下地ボードの張替えが不要な程度のもの)

・タバコのヤニや臭い

・壁等のくぎ穴やネジ穴(重量物をかけるために開けたもので下地ボードの張替えが必要なもの)

・クーラーの水漏れ放置による壁の腐食

・自分で天井に直接つけた照明器具の跡

襖(ふすま)や柱 ・地震などの自然減災害による破損

 

・ペットによる傷

・落書き

参考:https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/honbun2.pdf#search=%27原状回復%27

原状回復義務の具体的な事例は上の表の通りだ。

基本的に通常使用によるものや経年変化によるもの、自然現象によるものに関しては補修代を払う必要がない。

しかし、明らかに自分の過失によるものは補修代が発生してくる。

賃貸退去時に便利なお掃除&修繕グッズ4選

先程書いた通りハウスクリーニング代は必ず取られる。

じゃあ部屋の掃除や修繕にお金と時間をかけるのは無駄だと考える人もいるだろうが、これは余計な修繕費用をかけないようにするためだ。

不動産会社によっては契約者の無知につけこみ、高額な費用を請求してくるところもある。

自分の契約している不動産会社が良い会社とは限らないので、不動産会社につけこまれて余計な修繕費を払わないようにするためにも部屋はキレイにしてから退去するべきだ。

洗剤革命

[amazonjs asin=”B004GNG560″ locale=”JP” title=”洗剤革命3さん 300g”]

借りていた部屋を掃除するに当たって、床用やキッチン用、お風呂用などそれぞれの場所ごとに洗剤を買っていたら当然お金がかかる。

また、退去まであと少しという時にたくさん洗剤があっても捨てるかわざわざ箱に入れて送るしかない。

そこでおすすめしたいのが万能洗剤の洗剤革命!

洗剤革命や汚れ落ちに定評があり、用途も多岐に渡って使用できるため、とりあえずお部屋掃除の洗剤はこれ一つあれば十分!

カビブレイク

[amazonjs asin=”B01G6WX49O” locale=”JP” title=”【最強 カビ取り/特許製法】 強力 カビブレイクジェルライト 200g ≪防カビ剤を配合、約2~3ヶ月間黒カビの繁殖を防止≫ 掃除のプロも喜ぶ、超頑固な黒カビを根こそぎ除去できる超高濃度の本格派カビ取り剤。 KB-JR200″]

カビキラーなどの市販のカビ取りでは取れない頑固なお風呂のカビにはこれ!

カビブレイク ジェルライト!

ゴムパッキン部分など頑固なカビ汚れがよく取れる♪

ちなみに畳や壁のカビ取りには下のカビブレイク 液スプレータイプ液おすすめ。

[amazonjs asin=”B01GMMRMMS” locale=”JP” title=”【超強力 カビ取り剤/特許製法】 強力 カビブレイク 液スプレー 標準仕様 500g ≪木材・畳・布団・壁など室内にも使用可能(柄物には使用できません)≫ 掃除のプロが喜ぶ、様々なカビ発生部分に使える高濃度本格派 カビ取り剤。 KB-L500″]

穴埋め職人

[amazonjs asin=”B004I4YX8Y” locale=”JP” title=”ハウスボックス 穴うめ職人 クロス用 3本セット 9g”]

画鋲やネジなどの小さな穴を塞いで目立たなくしてくれる穴埋め職人。

ホワイト、ライトアイボリー、ライトベージュと3色入っていて、よくある壁紙のカラーに対応しているので非常に便利!

クロスのはがれ修理セット

[amazonjs asin=”B001WHBB2Q” locale=”JP” title=”クロスのはがれ補修セット CR-01″]

壁紙が剥がれている箇所を修復するためのセット。

重要なのはこのコロコロ!

手でただ壁紙を貼り付けるよりコロコロを使った方がキレイに貼れる。

最後に

今回の記事では退去時にかかるコストや原状回復義務の事例、お掃除&修繕アイテムを紹介した。

まとめると

  • ハウスクリーニング代はほぼ確実にかかるが、交渉次第では安くすることも可能
  • 部屋を借りている側に過失がなければ、基本的に修繕費は取られない
  • 部屋の掃除や修繕におすすめなグッズは洗剤革命、カビブレイク、穴埋め職人、クロスのはがれ修理セット

不動産会社にうまく付け込まれ、退去時に余計なコストをかけないためにも部屋を徹底的に掃除し、修繕できるところは自分で直そう。

最新情報をチェックしよう!