偉人達の知恵が満載「世界のエリート投資家は何を見て動くのか」を読んでみた

「世界のエリート投資家は何を見て動くのか」を読んでみた

今回僕が読んでみたのはこちらの「世界のエリート投資家は何を見て動くのか」だ。

自己啓発界トップに君臨するアンソニー・ロビンソンズが書いた本で、ウォーレンバフェットやレイ・ダリオなど名だたる投資家達にインタビューし、一般投資家でも富を築く方法を聞き出している。

今回この本を読んだ理由はアンソニー・ロビンソンズが好きだからではなく、投資の偉人が何を考えて投資をしているのかその知恵を知りたかったからだ。

この手の本には誰もが絶対稼げるというような魔法はないことは知っている。

それより、様々な偉人達が言っている投資における重要事項をピックアップし、今後の投資に生かしたいと思ったことが読もうと思ったきっかけだ。

今回の記事では僕がこの本を読んで記憶に残った言葉を中心に紹介したい。

偉人達の記憶に残った言葉

デイビット・スウェンセン(エール大学最高財務責任者)

  • 極低い手数料で株式市場全体を購入するにはパッシブ運用ファンド(特にバンガードのインデックスファンド)を購入すればよい
  • 非課税、税金繰り延べ制の恩恵を受けられる投資形態を最大限に活用することが重要
  • 個人投資家が株式市場でお金を稼ぐには「分散投資」をし「Buy & Hold戦略」を取れば可能。将来の市場動向を言い当てられるほど私は賢くない
  • 最小リスクで最大リターンを得るには「株の選択」「マーケットのタイミング(短期市場動向)」「資産配分」の3つが重要。この中で最も重要なのは「資産配分」である

ジョン・C・ボーグル(バンガードグループ元社長)

  • 大半の投資家は平均的利回りを得るために料金を払いすぎている
  • 低コストのインデックスファンドを使って分散投資すること
  • ファンドは触らず何もしないこと
  • お金はゴールではなく、ゴール達成の手段である

ウォーレンバフェット(投資の神様)

  • 10%を短期米国債、90%を低コストのS&P500インデックスファンドの資産配分率を勧める
  • 人が金儲けするときは恐れて、人が恐れるときは金儲けしなさい

ポール・チューダー・ジョーンズ

  • トレンド判断には200日移動平均線を用いる。原則的に200日移動平均線より価格が下がった株は売り払うべきだ

ジョン・テンプルトン卿

  • 最高のチャンスは絶望の極みに訪れる

レイ・ダリオ

  • マーケットのタイミングを計るのは無限の資金力を持ち、24時間投資し続けるプロの投資家を相手にポーカーでギャンブルするようなもの
  • 株式は債券の3倍のリスクがある

その他

  • 一般投資家の最大のミスは投資の複利成長の力を最大限活用できないこと
  • お金を貯めること(安全な場所に置く)のは重要だが、大事なのはお金が成長するチャンスのある場所に置くこと
  • 貯蓄を成功させるには天引きで自動的に貯めること
  • 悲観的風潮が一番強まるときこそ、お買い得の株が見つけられる
  • 成功する投資の基本概念は働かなくても自分のライフスタイルを維持できる収入を生むレベルまで貯蓄すること
  • どのインデックスファンドをどのような割合で購入するかが非常に重要
  • 投資にかかる年経費は1.25%以下に抑えること
  • 投資において重要なのは「最小リスクで最大リターンを得るチャンスを探すこと」
  • 賢い投資家は「自分は必ず間違う」ことを知っている
  • ドルコスト平均法こそが株式市場の変動から恩恵を受ける方法
  • 投資家として成功するためには一定の間隔でポートフォリオをリバランスすること

偉大な投資家達の助言をまとめると

他にも何名かの偉大な投資家とのインタビューが掲載されていたが、僕が記憶に残ったのは上記の言葉だ。

まとめるとおおむね以下3点に集約される

  1. 低コストで投資する(インデックスファンドを買う、非課税制度を使うなど)
  2. 分散投資をする(投資商品の分散、時間の分散)
  3. 買ったらホールドする
  4. 年1回はリバランスする

レイ・ダリオのオールシーズンズ戦略

この本の一番の目玉は何と言ってもレイ・ダリオのオールシーズンズ戦略である。

その資産配分率は上記となっている。

注意しておくがこれはあくまでレイ・ダリオが一般投資家向けに考案した資産配分率でブリッジウォーターで実際に富裕層向けにサービスを行っている際の資産配分率とは異なる点だ。(エッセンスは同じとアンソニーロビンソンズは言っている)

また、上記資産配分率はアメリカ在住のアメリカ人向けであり、日本人が日本の証券会社を使用して同じようなポートフォリオを組む際は注意が必要だ。

この点に関しては今後僕の方でもどのような商品を使って、レイ・ダリオのオールシーズンズ戦略を実現するのか考えていきたい。

最後に

今回「世界のエリート投資家は何を見て動くのか」を2冊読んで感じたのは資産防御意識が一般投資家に比べて異様に高いことだ。

逆に言えば、一般投資家は儲けることばかり考えてしまい、「守る」ということに関して意識が低すぎるともいえる。

多くの投資の偉人はお金を一極集中させずに分散し、投資にかかるコスト(手数料や税金)を削減し、市場が賑わっているときこそ慎重になる。

このリスクを徹底に回避する姿勢は今後投資を行う上で今まで以上に意識していきたい。

この記事を何かのきっかけで読んでくれている人はぜひ一度投資の偉人達の知恵をこの本から得てみてはいかがだろうか。

 

最新情報をチェックしよう!